石膏型の技術データ

混水率

混水率
  • 石膏型は原料となる石膏(焼石膏)と水を攪拌して型枠などに流し込みます。
  • この時の石膏の重さに対しての水の重さの割合を混水率といいます。
  • 例えば石膏10㎏に対して水7.5㎏で攪拌する場合の混水率は75%ということになります。
  • 石膏の種類によって推奨される混水率が決まっています⇒これを標準混水率と呼びます。
  • 量産型を作る場合、この混水率を毎回一定にすることが、安定したセラミック製品の成形をおこなうために重要です。

石膏の水和反応

石膏の水和反応
  • 焼石膏は水と反応して二水石膏になります。
  • 焼石膏の主成分は硫酸カルシウムです。

石膏型の特性

下記の5つの指標にておおよその石膏型の特性を知ることができます。

  1. 見掛気孔率・・・石膏型の体積に対してどれくらいの気孔があるか
  2. 吸水率・・・石膏型の重さに対してどれくらいの水を吸水するか
  3. 見掛比重・・・石膏型の中の気孔を含めない石膏部分のみの体積に対する比重
  4. かさ比重・・・石膏型の気孔を含めた体積に対する比重
  5. 吸水速度・・・時間の変化に対する吸水する量